« 2008年04月21日 | Top

最新記事【2008年10月16日】

あと2、3センチいえいえ、あと1センチ身長を伸ばすには、どうしたらよいのか。。


1〜3センチくらいの身長は、その日のうちで変わっていることがしばしばです。では、高い時の身長を維持するには、どうしたらよいのかが問題になってきます。身体そのものは変わらないとして、身長のみを変化させるという方法です。長期的に身長を伸ばす計画と別に、短期的に簡単に身長を伸ばす方法、それも10センチとかじゃなくて、1センチとか2センチのお話な訳です。これはとても簡単です。


一番簡単で安全な方法は、的確に骨盤を調整する方法です。巷でお話されているような生ぬるい方法ではなくてです。でも、やはり自分でやるとなると骨盤ベルトかもしれませんね。どうせやるなら、しっかりとした知識の元で開発されたものを使うのがベストです。これなんかは専門家がしっかりとした過去のデータや経験から開発したものだから間違いは無いはずです。あくまで自分で身長を伸ばす努力を惜しまない人にはお勧めです。


開発者の信頼度から骨盤矯正ベルトを選ぶのなら
NO:1 リセットプロポーションベルト

NO:2 姿勢ウォーカー


これだけで、長期的は計画も立てられるし、持っていて損は無いはずです。それほど身長と骨盤は関係が深いのです。当然です。背骨の土台は骨盤ですから、土台がしっかりしている程、上部に構築されるものは、しっかり大きくなっていくのですから。身長も一緒です。骨盤あっての背骨であり、高身長なのです。1センチ2センチの伸長は直ぐに変わってきます。お試しあれ。

治療家がうなった!身長を伸ばす整体

身長を伸ばす方法が沢山存在していますが、医療的な常識では、正常な場合の成人の身長を伸ばす(骨が伸びる)事は出来ません。とはいえ、背骨や頭蓋骨または筋肉を正常化すると、身長を伸ばす事が可能な場合が多くあります。(骨は伸びないといわれています。)このサイトは整体やカイロプラクティックで伸長を視点に身長を真剣に考えています。子供の成長障害の中には病気が隠れていることがあります。しっかりとした成長の管理が大切です。病気の早期発見は適切な治療を早期に開始する事が出来るからです。(病院治療) また、成人後の大人は健康であることが第一条件ですが、その上で伸長を真剣に考えても良いのだと思います。医療はとても大切です。異常が疑われればメディカルチェックは欠かせませんが、進歩とともに常に常識も変わっていくのです。成人後の伸長も可能なのかもしれませんね。