« 2008年04月20日 | Top2008年10月16日 »

最新記事【2008年04月21日】

頭頂骨.jpg頭頂骨・・・
頭頂骨は、文字通りで頭のてっぺんの骨です。中には、脳の頭頂葉が入っています。この部分は、丁度身長を測る時に頂点となる部分です。他の頭蓋骨と同様で、やはり屈曲と伸展を繰り返し、骨の形を刻々と変化させています。

頭頂骨は、多くの葉をカバーしていますが、重要な感覚中枢と運動中枢が存在しています。また、この骨の障害側の四肢に運動障害が生じるといわれています。

この骨の調整は、神経系統を正常化すると共に、四肢の働きを十分に保ち、姿勢を維持して、身長を伸ばす効果が期待できます。

この場合、頭頂骨のみの調整ではなく、全ての頭蓋骨、骨格が調整されるような矯正が大切であり、本来のご自身のバランスに戻る事が重要であり、決して骨を伸ばしたり引っ張ったりするものではありません。

あくまで、ご本人の本来の姿をとり戻すお手伝いをするということです。多くの場合は姿勢の悪さから、身長が低くなっています。これを取り戻すだけでも美しく映えて見えるのです。

これが成されないような矯正であれば、背が伸びることは当然望まれず、身体を害する可能性もありますので、十分な注意が必要です。

頭頂骨の調整は、自分自身で実行することが可能です。ただし調整に使う力はほんの数グラムです。決して強制的に動かすことはせずに、自然の動きを感じてその動きにあわせることが肝心です。気分が悪ければ即中止してください。

動きが感じられない場合は、スイッチングの調整ということが必要になります。スイッチングの調整後にまた同じ事をして見ましょう。今度は動きが感じられることでしょう。

あくまで自然にです。決して強い力はいりません。自己責任で実行しましょう。

治療家がうなった!身長を伸ばす整体

身長を伸ばす方法が沢山存在していますが、医療的な常識では、正常な場合の成人の身長を伸ばす(骨が伸びる)事は出来ません。とはいえ、背骨や頭蓋骨または筋肉を正常化すると、身長を伸ばす事が可能な場合が多くあります。(骨は伸びないといわれています。)このサイトは整体やカイロプラクティックで伸長を視点に身長を真剣に考えています。子供の成長障害の中には病気が隠れていることがあります。しっかりとした成長の管理が大切です。病気の早期発見は適切な治療を早期に開始する事が出来るからです。(病院治療) また、成人後の大人は健康であることが第一条件ですが、その上で伸長を真剣に考えても良いのだと思います。医療はとても大切です。異常が疑われればメディカルチェックは欠かせませんが、進歩とともに常に常識も変わっていくのです。成人後の伸長も可能なのかもしれませんね。