Top >  身長について >  低身長とSD値について

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

低身長とSD値について

低身長について、背が高いから異常とか、背が低いから異常とかいう事は一切ないです。ただし、標準という言葉があります。身長の標準は、全人口の身長の平均値です。SDとは、これらの標準偏差を意味しています。SDとはある幅のことを意味して、身長でいうと、背の高い人から背の低い人までの差がどの位あるのかということを調べたものです。
通常、低身長とよばる場合は、マイナス2SD以下という基準があり、この範囲に入る身長の人は全体の5%ほどで、95%以上の人は正常と評価します。5%の中に入ったことで、低身長ということになりますので、管理が必要になってきます。成長ホルモン分泌不全症や軟骨無形成症などの病気がないか、栄養不足はないか、肝臓障害、腎臓障害、心臓障害などの内臓疾患はないか等の検査をすることで、健康状態を調べます。異常が見つかれば、的確な治療を施す事で病気からくる低身長を防げます。その意味でも標準偏差(SD)は役立っています。.jpg
グラフは「低身長の最先端医療ガイドブック」 永岡書店 より引用させていただきました。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長とSD値について

低身長の悩みをお持ちの方へ

巨人症という病気

理想の身長は誰が決める?

初潮と身長について

身長の測り方

成長曲線と成長率(女の子)

成長曲線と成長率(男の子)

身長を伸ばす要因