Top >  治療を要する低身長とは >  低身長負荷テストって?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

低身長負荷テストって?

低身長負荷テストは、成長ホルモンの分泌の状態を調べるテストです。通常は薬を使って、成長ホルモンを分泌させます。この時に血液中の成長ホルモン分泌量を調べますが、その値が低い場合は、成長ホルモン分泌不全性の低身長という診断が出ます。するとホルモン補充療法を受ける対象となります。

低身長負荷テストの方法は、インスリンで血糖を下げて、クロニジンで血圧を降げます。これで、時間ごとに採決をして、血液中の成長ホルモンの量を調べます。そして同じことを日を置いて何回か繰り返します。

テストの方法は数種類あります。このテストは、成長曲線で異常があり、レントゲン、血液検査、尿検査、バランス検査等で病的な問題が懸念される場合に行われます。通常は入院が必要になり、大体一週間位かかります。

また、成長ホルモン分泌不全が疑われる場合、下垂体異常も考慮され、他のホルモンの分泌の異常も検査によって管理されます。下垂体の異常の中には、脳腫瘍などの重篤な疾患も含まれています。成長ホルモン分泌不全が疑われ、なおかつ脳腫瘍の疑いがあれば、こちらの治療が優先されます。

低身長負荷試験は成長ホルモンの分泌を確かめる検査ではありますが、結果として他の重要な病因の検査にもなっていて、早く異常を見つけ、的確な治療を早く開始する一つの手段としても貢献しているのです。

とはいえ、まずは成長曲線を管理する事が低身長を判断する基準であり、なおかつ隠れた病気を発見する上での最初の診断基準となり、私達が普段から実行できるツールの一つとなっていますので、まずは成功曲線の管理をお薦めいたします。その上で専門家との相談をすると良いと考えます。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療