Top >  治療を要する低身長とは >  低身長の治療法とは

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

低身長の治療法とは

低身長の治療はまずは現状把握からです。現段階で病的な低身長が存在しているのか否かを調べる必要があります。これは最初に成長曲線を描いてみることです。ここで低身長が疑われれば、更に医療検査をします。ここで原因をはっきりさせることで治療の方法が選択される事となります。

○成長ホルモン治療
成長ホルモンの補充療法は、成長曲線において、マイナス2SDを下回る場合に限り、低身長と認められ、成長ホルモン分泌不全性低身長と診断された場合に限ります。

○脚延長術
膝の関節の上下の骨に人工的な骨折を起こさせて、装具を使って骨を人工的に伸ばすという方法

○骨格矯正
骨格矯正で緊張してる筋肉を調整、関節を調整をして、本来の姿勢を取り戻し、身長を伸ばす方法。骨は伸びないが、性徴期であれば、伸長は可能

○食事療法
基本的に食事療法はバランスよく食べる事に尽きます。特にプロテイン(たんぱく質)に関しては複合して数種類の品を食べる事が重要

○運動療法
運動療法において、小さな頃から強度の高い運動をすると筋肉が付きすぎて、男性ホルモンが分泌されます。すると骨の成長は早く止まります。したがって、適度な運動をすることが望ましい。また、骨端軟骨をつぶすような力がかかるスポーツは、骨が縦に伸びにくくなると考えられています。

○他の内臓病気の治療
内臓の異常はホルモン分泌や栄養吸収を阻害して、身長の伸びを阻害します。内臓異常が発見されれば、その専門的な治療が、結果的に身長を伸ばす早道になることもあります。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療