Top >  身長を伸ばす整体 >  骨盤矯正で身長を伸ばす方法

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

骨盤矯正で身長を伸ばす方法

【骨盤の治療について】

骨盤の構造(骨盤の解剖学)

骨盤.jpg骨盤は、腸や子宮などの大切な臓器を包み込むように形作られています。

腰骨の部分の腸骨と、座ると当たる部分の坐骨と、正面にある恥骨と、尾底骨(尾骨)の上にある真ん中の仙骨から成り立っています。ここに、腰椎5番も含まれる場合があります。すべてを総じて骨盤と呼んでいます。

腸骨と坐骨と恥骨をあわせて寛骨と呼びます。寛骨は一対あります。
女性の骨盤は男性の骨盤に比べると、横に広い構造になっており、出産時に胎児の頭が骨盤の隙間を通れる様な構造になっているといわれています。

骨盤の中心にある仙骨の上には、背骨(椎骨)が前後に湾曲しながら積み上げられています。骨盤が歪むと背骨にも歪みが生じるのはこの為で、骨盤は背骨の土台になっているのです。

さらに、骨盤で上半身の体重を左右の分散し、脚からの力と上半身の力をうまくバランスしています。これにより、2速歩行を可能にしています。


【骨盤の治療】

骨盤には、仙腸関節と呼ばれる関節が一対あります。この関節は、医療的には、動かない関節とされていましたが、今日では、動くのはあたりまえの事実となっていますよね。

動くのは、僅か数ミリ程度といわれていますが、人によって様々です。関節の形も人によって違いますので、動き方も微妙に違います。この動きを感じ取って、異常な動きは正常に誘導します。これが治療になります。

難しいのは、正常と異常の判断です。痛みがあれば、ある程度の指標になりますが、痛みがない場合も多いです。

こんな時に役立つのが、筋肉応用反射テスト(アプライド・キネシオロジーという検査テクニックです)オーリングテストだと知っている人もいるでしょうね。

これで異常が出れば、異常がなくなるように治療を施します。何もバキッなんてしなくても、正常になる刺激を与えられれば、治療は成功です。

骨盤の治療もこれで十分です。筋肉を痛めている場合は、筋肉に対してのアプローチも必要ですが、ストレッチは自分で出来ます。後は筋膜に対してのアプローチになりますが、トリガーポイントを利用しての治療がありますが、これは痛いので、筋膜リリーステクニックを利用して、痛みの少ない方法がいいでしょう。

頭蓋骨の硬膜調整でも筋膜は治療できます。方法はいくつかありますね。
とにかく安全で本来の本人の状態を作れる様な手助けをすることが、肝心であり治療になります。

例えば、上向きで寝て短い方の脚を伸ばしたまま、他の人に45度位、持ち上げてもらい、90秒数えます。この間、寝ている人は完全に力を抜いた状態です。90秒後にゆっくり足を下ろしてもらいます。これだけで、骨盤の調整が可能です。

これで脚の長さも揃っていることでしょう。お試しあれ。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

側湾症の治療で身長を伸ばす

肋骨の整体で身長を伸ばす方法

足関節・偏平足の整体で身長を伸ばす方法

O脚、X 脚の整体で身長を伸ばす方法

骨盤矯正で身長を伸ばす方法