Top >  治療を要する低身長とは >  高身長になる病気もある

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

高身長になる病気もある

脳腫瘍が原因で成長ホルモンをどんどん分泌するがために、背が非常に高くなってしまう巨人症という病気があります。大人になってからもグングン身長が伸びますが、必ず性腺機能不全を伴っています。軟骨をなくして、骨端を閉じるのが性ホルモンだからです。このホルモンの分泌異常は、いつまでも成長を止められず、グングン背が伸びてしまいます。巨人症の場合は普通の成長ホルモンの数百倍の量の分泌が認められることもあります。

また、成長期を過ぎてもまだ背が伸びている場合も、性ホルモンの分泌異常が考えられます。この場合は薬物療法を使って、身長の伸びを制御します。

したがって、成長期を過ぎてからは、医療的には骨は伸びません。しかし、姿勢をよくして身長を伸ばす事は十分可能なことです。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療