Top >  治療を要する低身長とは >  低身長の検査ってどんなの

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

低身長の検査ってどんなの

低身長の検査にはいくつかの方法があります。比較的簡単なものは、「成長曲線」を作ることです。この成長曲線で本当に低身長なのかそうでないのかを判断するものです。

病院に受診した場合は、問診、視診、触診等の専門医の検査がありますが、これは過去に大きな病気があって、これらが原因でホルモン等の異常が出てきて、結果として低身長であるということを調べるものです。病気がない場合でも、気になることは専門医にお話しすることが重要です。

体のバランスを調べる事で、軟骨無形成症やターナー症候群などの病気がないかも調べます。この徴候があれば、さらに精密検査をします。

レントゲン撮影で骨の成長具合を調べます。ホルモンのバランスによっては、骨の成長が早すぎる等から、今後の成長度を予測する事が可能です。まだまだ身長が伸びる可能性があれば、そっと見守る事も大切です。

尿検査をして、腎臓機能を調べたり、糖尿病の問題がないかを調べます。

血液検査は、内蔵機能の検査です。内蔵機能に異常が考えられれば、こちらの治療が優先されるからです。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療