Top >  治療を要する低身長とは >  アレルギーの食事制限による低身長

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

アレルギーの食事制限による低身長

アトピー性皮膚炎等のアレルギーの為に食事制限をすることがあります。母乳を与えるために、母親の極端は食事制限があったり、離乳食でも食事制限が多かったりすると、成長が極端に遅れたりします。
医師の指導であると共に、大切なわが子を思うばかりに、母親の身体まで壊してしまっては、子供だって大きく育たないのではないでしょうか。

食事制限がうまくいく場合も当然ありますし、これでアレルギーの改善も多くあると思いますが、成長率が一番高い時の食事制限は、やはり後々に影響します。日本小児科学会からも、極端に食事制限をした場合は成長障害を引き起こす場合があるという発表もなされています。アナフィラキシーショック等の重篤な疾患が予測される場合を除けば、厳格に食事制限をする事で起きる害の方が大きく、将来にも影響します。当然、伸びるはずの身長が伸びなかったなんてことも起こりうるわけです。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療