Top >  治療を要する低身長とは >  後天的甲状腺機能低下症と低身長

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

後天的甲状腺機能低下症と低身長

甲状腺は喉のところに位置し、内分泌臓器であり、甲状腺ホルモンを分泌しています。甲状腺異常は身長とも大いに関係し、低身長の原因になります。後天的な甲状腺の病気で多いものは、橋本病と萎縮性甲状腺炎です。症状は、疲れやすい、やる気が出ないなどの比較的軽い自覚症状です。しかし、成長曲線を見ると、ある時期から身長の伸びが急激に止まっています。診断の結果、ホルモン低下が診られれば、治療として甲状腺ホルモン補充が行われます。この場合は注射ではなく、経口薬になります。

成長ホルモン分泌不全性低身長にしても、甲状腺機能低下症による甲状腺ホルモン分泌異常にしても、先天性の病気でない限り、病気に気が付かずに普通に生活しています。しかし、ある頃に成長曲線の異常が現われた場合に、これらの病気が後天的に顔を出してきた事が疑われます。早期発見早期治療の観点では、やはり成長曲線の重要性が認識されます。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療