Top >  治療を要する低身長とは >  成長ホルモン分泌不全性低身長症

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症は、成長ホルモンの分泌が悪いために低身長になる病気のことを言います。この病気の原因は、先天性と後天性に分類出来ます。先天性の疾患は下垂体無形成または下垂体低形成などがあります。後天的な疾患は脳腫瘍が一般的です。

障害の部位は、視床下部から出た命令が下垂体に伝わり、下垂体からは成長ホルモンGHが分泌され、成長ホルモンが直接、骨端軟骨に働きかけて骨が成長しますので、このどこかの経路の障害が考えられます。

症状は当然低身長です。治療は、原因によって異なりますが、低身長が主訴であることから、重篤な疾患が検査で見当たらない限り、公費での成長ホルモン補充療法となります。原因の中には突発性の原因不明の成長ホルモン分泌不全もあります。この場合も条件が満たされれば、ホルモン補充療法の対象となっています。また成長曲線を利用して脳腫瘍が発見される事もありますので、成長曲線の重要性はここでも認識されています。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療