Top >  治療を要する低身長とは >  子供の低身長を管理する

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

子供の低身長を管理する

子供の低身長は、色々な原因が存在します。まずは、生まれてきた時からの低身長で、段々低身長の度合いが強くなるという人です。また、ある時期から急に成長率が低下して低身長になるというパターンです。前者の場合は、染色体の異常や骨無形成症などの先天的な異常に由る物が多いです。後者は、甲状腺ホルモン異常、脳腫瘍、愛情遮断症候群などによって後天的に出てきます。

子供の低身長の目安は、やはり成長曲線の管理です。成長曲線がマイナス2SDを下回っていたり、急に成長率が低くなったり、思春期の成長曲線が標準と異なるといった場合は、専門家に相談して検査をすることが重要です。検査の結果、成長ホルモンや甲状腺ホルモンの異常、その他の病気が見つかれば、的確な治療を早い段階から開始することが出来て、病気を悪化させる事がありません。その意味でも子供の低身長を、成長曲線で管理している事の重要さが認識できます。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療