Top >  治療を要する低身長とは >  低身長を成長ホルモンで治療する

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長を治療する方法にホルモン補充療法があります。成長曲線を管理して、なおかつ成長ホルモンの分泌不全が認められた場合は成長ホルモン分泌不全症候群として公費における治療が受けられます。

成長ホルモン治療の対象になるのは、「成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、軟骨無形成症、軟骨低形成症、慢性腎不全性低身長症の病気」の時だけです。また、甲状腺機能低下による低身長の場合には、甲状腺ホルモンを投与します。

成長ホルモン分泌不全症候群の成長ホルモン治療は、認められれば、公費の適用となり、その治療を十分受けられます。ただし条件があり、年間3センチ以上の伸びが見られない場合や、男子では、156,4センチ以上、女子145,4センチ以上となった場合は、この治療法の公費は打ち切られます。

投与の方法は、毎日注射をすることが治療となり、自分で行ないます。定期健診が必要であり、副作用の検査も必要です。起こることがある副作用は、白血病、甲状腺ホルモン低下、股関節の病気、脊椎側湾症などです。それぞれ治療が可能です。また白血病に関しては、この治療法との因果関係は詳しく分かっていません。

成長ホルモンの投与によって、男子で160センチ、女子で150センチ位にはなりますが、治療を長く継続したからといって、それだけ伸びるわけではなく、沢山投与しても伸びない場合も多いのです。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療