Top >  治療を要する低身長とは >  低身長の治療

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

低身長の治療

低身長の治療は公費が適用になります。公費が適用になるには一定の条件が満たされることが条件になります。
通常、低身長症と名がつけられたからには、病的であることを意味します。これは成長曲線をプロットしていく事で、マイナス2SDを下回った場合を意味します。したがって、低身長症とは、成長曲線がマイナス2SDを下回った場合で、さらに、血液検査、尿検査、バランス検査、レントゲン検査等で異常が疑われ、さらに精密検査をして異常が発見された場合が、低身長症といえます。これらの検査で異常が見当たらない場合は、低身長とは見なされるものの、公的には医療治療はなされません。(←健康と見なされるのです。つまり低身長症ではないのです。)まずは成長曲線をプロットしていくことをお勧めします。その上で低身長症であるのか低身長でないのかを判断しなければなりません。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長と成長障害

低身長負荷試験テスト

低身長の基準について

家族性の低身長なんて!

低身長負荷テストって?

低身長の治療法とは

高身長になる病気もある

低身長の検査ってどんなの

母親の母乳不足と低身長

アレルギーの食事制限による低身長

ターナー症候群による低身長

後天的甲状腺機能低下症と低身長

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の低身長を管理する

低身長症の基準とは

低身長を成長ホルモンで治療する

低身長の治療