Top >  身長について >  身長を伸ばす要因

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

身長を伸ばす要因

我々が生まれ、成長していく上で、いちばん身長が伸びるのは、生まれてから4歳までと、思春期の第2次性徴期です。その他の間は個人差がありますが、大体なだらかに成長していきます。人間の成長において確実な事は、100%解明されているわけではありません。

乳児期の成長には、ミルクや母乳の栄養が大切で、食事が摂れるようになってきたら、それらから摂取する栄養素が大きく関わります。また第2次性徴期の思春期の身長の成長は、栄養は当然の事ですが、成長ホルモンや甲状腺ホルモンや性ホルモンといったホルモンが大きく関わっているといわれています。したがって、爆発的に大きくなる乳児期、幼児期にミルクの飲みが悪い、離乳食を十分に摂らない等の場合は、3歳頃までに低身長となっており、この頃の食事は大いに身長に影響していると言えます。

4歳以降は、成長ホルモンが大きく関わってきます。この時期に成長ホルモンがうまく分泌されないと、身長の伸びがスムーズに行われなくなるケースが多いです。思春期に入ると、性ホルモンが大きく関わってきます。性ホルモンは、性器の発達と共に身長を伸ばす機能に拍車をかけます。それと同時に、性ホルモンは大人への成長を促して、身長を最終的にストップする役目も果たします。

身長に影響を与える他の方法は?

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら


男子の成長曲線とマイナス2SDを確認    女子の成長曲線とマイナス2SDを確認


関連エントリー

低身長とSD値について

低身長の悩みをお持ちの方へ

巨人症という病気

理想の身長は誰が決める?

初潮と身長について

身長の測り方

成長曲線と成長率(女の子)

成長曲線と成長率(男の子)

身長を伸ばす要因